第四回 九条Tokyo短編映画上映会

九条Tokyo では、
厳選した食材によるお料理と厳選した短編映画作品を、
16畳の畳の上で120インチのスクリーンで鑑賞、
映画と料理で五感の全てをフル刺激する!
そんな刺激に満ち溢れた谷中の夜を定期的に開催しています!

ということで!第四回目となりましたね!

【第四回短編映画メニュー】

◆「結ぶ」「わたしの中の赤」監督:東かほり
★ 参加ゲスト:東かほり監督

東かほり監督は第二回九条Tokyo短編映画上映会に参加していまして、今回二回目の登場になります。その時に上映した「土曜日ランドリー」とはテイストが全く違う、単刀直入に女って怖い。。といった女子の闇を見せ、男子の心に闇を落としてくる作品でした。

次の作品は

◆「The Professional / To Be And Not To Be」監督:安見悟朗
★ 参加ゲスト:安見悟朗監督

TVディレクターとして活躍する安見監督が、まだ若手のころフィルムで製作した実に味わい深い作品で、フィルムを全く知らない若い世代の方達も、なぜか懐かしさを感じるようで食い入るように見ていたのが実に印象的です。今では当たり前に出来る事もフィルム時代ならではの創意工夫・創造性・独創性が随所にちりばめられていて、実にノスタルジックな空気が会場を包み込みます。同じフィルム経験者の松本監督とのお話は実に興味深いもので、ここでしか聞けない味わい深いアフタートークとなりました。

さて最後の一本は・・・

◆「公衆電話」監督:松本 動
★ 参加ゲスト:松本 動監督

2017年2018年、さらに2019年に突入しても国内外問わず数々の映画祭での賞を手にしている作品の登場です。
父と娘の関係、家族の愛、親子の愛、を実に暖かく描いた作品であり、人間の原点にして頂点を感じさせてくれる名作であります。
ちなみに続編の「カセットテープ」が現在映画祭を賑わせている最中であります。2019年7/6 (土)・7 (日) 高円寺シアターバッカスにて監督特集 第3弾「松本動監督特集」が組まれますのでそこでも続きが見れますよ!他にもハートフルな作品もあれば、びっくりするような作品もあるかも…

詳しくはこちら【日程・詳細】https://baccus-matumoto.peatix.com/

さて続きましては、皆様が映画鑑賞中に作られてるお料理のメニューをご紹介していきます!

【第四回お料理メニュー】

  • サラダメスクラン
  • タコとサーモンのマリネ
  • グラタン
  • ドフィノワーズ
  • フォレスティエオムレツ
  • 地鶏の鍋 餅巾着入り

寒い夜には地鶏餅巾着が身も心も温めてくれます。

といった、お料理と映画の献立でお届けしました、第四回九条Tokyo短編映画上映会でした!

第五回につづく!

九条Tokyo
東京都 台東区 谷中 1-2-10 2F (魚善ビル2F)
TEL 03-5832-9452
https://kujo.tokyo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です